20201108-フィロデンドロン プルートロンギフォリア 斑入り3

ギザギザの斑入り葉が気になってフィロデンドロンの『プルートロンギフォリア 斑入り(Philodendron Pluto longifolia variegated)』を購入しました!

こちらの品種はフィロデンドロン シャークの斑入り(Philodendron Shark variegated)とも呼ばれることも。どっちが正しいんだろう? とりあえず育ててみた記録をまとめますね。寒さには弱いので注意してください!

購入したプルートロンギフォリア斑入りの苗

プルートロンギフォリア斑入りの植え替え写真7

まず私が購入したプルートロンギフォリア斑入りを紹介してきますね。苗の中心にできている赤いものは花っぽいですね。生殖成長より栄養成長を優先したいためカットしてしまいたい。

アロイダーKアロイダーK

だけどもし寒さで紅葉している葉だったら困るなぁ。

20201108-フィロデンドロン プルートロンギフォリア 斑入り

20201108-フィロデンドロン プルートロンギフォリア 斑入り5

普通の葉も赤い部分があるから判断がつきづらいんですよね。

20201108-フィロデンドロン プルートロンギフォリア 斑入り2

基本的にパラパラっと斑入りになっている感じの散斑ですね。今後の成長でどう変化していくのか楽しみです。

20201108-フィロデンドロン プルートロンギフォリア 斑入り4

20201108-フィロデンドロン プルートロンギフォリア 斑入り6

あまり強い斑が入るようになっても日焼けが大変なので、このままでいいかな。

プルートロンギフォリア斑入りの植え替え

プルートロンギフォリア斑入りの植え替え写真4

あまりにも根っこが鉢の中であふれているのでプルートロンギフォリア斑入りを植え替えすることにしました。

プルートロンギフォリア斑入りの植え替え写真2

鉢から取り出すとそこまでも根が巻いていませんね。

プルートロンギフォリア斑入りの植え替え写真3

少し大きめのプラ鉢に植え替えることにしました。アロイド系はプラ鉢で十分です。

プルートロンギフォリア斑入りの植え替え写真4

再利用の培養土と新しい培養土を混ぜて鉢に入れていきます。

プルートロンギフォリア斑入りの植え替え写真5

無駄な培養土を落とした根の写真。

プルートロンギフォリア斑入りの植え替え写真6

鉢に植え替えて様子を見ていきます。

プルートロンギフォリア斑入りの植え替え写真7

1月になり寒さで葉が変色したプルートロンギフォリア斑入り

寒さで痛んだプルートロンギフォリア斑入りの写真

1月になるとかなり葉が変色してしまいました。室内ですが5度を切るぐらいまで温度が下がる時があったのでその影響ですね。

寒さで痛んだプルートロンギフォリア斑入りの写真2

寒さで痛んだプルートロンギフォリア斑入りの写真4

赤い花のつぼみも茶色く変色してしまいました。

寒さで痛んだプルートロンギフォリア斑入りの写真3

寒さで枯れてしまったプルートロンギフォリア斑入り

枯れてしまったプルートロンギフォリア斑入りの写真

プルートロンギフォリア斑入りが完全に褐色化してしまいました。葉が触っただけで折れていきます。

枯れてしまったプルートロンギフォリア斑入りの写真2

根も完全に死んでいました。これでプルートロンギフォリア斑入りの栽培を終了したいと思います。10度以上保てる方のみ育てることをおすすめします。