斑入りクワズイモとサーキュレーターの写真2

室内で斑入りクワズイモなどのアロイドを育てるとなると、ぜひ準備しておいて欲しいのがサーキュレーター。湿気がたまるとどうしても以下のように腐りやすいんですよね。

素焼きの鉢で枯れた斑入りクワズイモの写真2

エアコンを24時間つけておくわけにはいかないので、安価な電気代で動いてくれるサーキュレーターは助かります。以下に設置方法や種類について解説しますね。

サーキュレーターの設置方法

斑入りクワズイモとサーキュレーターの写真

風を送ればいいけど送り方にもいい形と悪い形があります。サーキュレーターを設置する時は上記写真のように植物の側に置き風を送り続けるのはやめましょう。

アロイダーKアロイダーK

植物が乾燥しすぎちゃうよ。

以下のように1m以上離し、斜め上方向に風向きを設定するか、

斑入りクワズイモと斜めに傾けたサーキュレーターの写真

動画のように上下左右に首を振るサーキュレーターを使いましょう。

おすすめのサーキュレーター

斑入りクワズイモとサーキュレーターの写真2

サーキュレーターってどれも同じじゃないって思う方もいると思いますが、結構いろんなものがあります。おすすめはアイリスオーヤマの上下左右に首を振るタイプのサーキュレーター。

上下左右攪拌方のサーキュレーター写真

上下左右攪拌方のサーキュレーター写真2

特徴としてはブランドの信頼感とこの機能がついての安さ。これ一個買うだけで部屋の植物管理がすごく楽になりました。

アロイダーKアロイダーK

風を入れるために窓を開けたら虫が入ってきたりするのも防げて助かる。

どれを買うか迷っている方にはこのアイリスオーヤマのサーキュレーターをおすすめしますよ。

あと、部屋にはおしゃれなサーキュレーターを置きたいって方にはボルネードのサーキュレーターがいいですね。ちょっと高いけどデザインが最高です。

ボルネードのサーキュレーター

アロイダーKアロイダーK

サーキュレーターの種類については以下の記事で詳しく説明しています。

使い方で選ぶサーキュレーターの種類

まとめ

植物の風通しをよくして病気を防ぐサーキュレーター。葉に水分が貯まるのをふせぎ、水滴が落ちるクワズイモの対策にもなりますね。

クワズイモの葉から水滴が落ちてきた! その原因と対策を簡単にまとめるよ。

そんなに高いものではないので、下手に観葉植物を枯らしてしまうぐらいなら予防のために購入することをおすすめします。